Page Top

エコア株式会社 環境21世紀のために

  • HOME >
  • 食品安全

ウイルスも菌も不活化可能な除菌・消臭剤!ハイパーエコアクア!

業務用除菌・消臭剤


ハイパーエコアクア

 

 

(400ml/750ml/10L/20L/20L&超音波噴霧器セット)

ハイパーエコアクアはpH調整された次亜塩素水です。高い安全性と抗菌スペクトルで、様々な環境での使用が可能です。一般家庭は勿論、病院、介護施設、保育園、食品製造現場、学校やオフィス等幅広くご利用頂けます。広い範囲で菌、ウイルスに対抗します。

●2020年7月13日ハイパーエコアクアのコロナウイルス及び枯草菌のウイルス効果評価試験において99.9%の効果があると実証されました。

●2020年7月20日ハイパーエコアクア急性経口毒性試験の結果において、安全性の結果が実証されました。


    

特徴

●抗菌スペクトルです。除菌・消臭対策に!
●取扱いが簡単で、刺激臭もほとんどありません。【多少の薬品臭はあります】
●介護施設や食品製造環境など、高レベルな衛生環境でも使用されています。


ノロ    インフル    
ハイパーエコアクア次亜塩素酸精製水検査結果データはこちら
図

次亜塩素酸水溶液は次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン、塩化ナトリウム、水を成分とした除菌消臭剤です。有効成分は次亜塩素酸ですが、ここではpHを調整する事により次亜塩素酸ソーダに含有されている殺菌成分である次亜塩
素酸を大量に生成しています。H調整次亜塩素酸水は強力な殺菌力をもつ「次亜塩素酸」を80%以上含まれるように生成されています。

上の表は遊離有効塩素である次亜塩素酸と次亜塩素酸イオンが大腸菌を殺菌するために必要とした時間を表しています。グラフより、0.1ppmの次亜塩素酸の場合1.5分で99%殺菌できるのに対して次亜塩素酸イオンの場合では120分必要となります。

出典:技法堂出版「浄水の技術」抜粋

除菌力と安心安全レベル

ハイパーエコアクアは急性経口毒性試験や濃度やpH等多角的な方向で安全性が確認されています。

safe

 

室内をクリ~ンに!ハイパーエコアクア専用噴霧器 

保育園、幼稚園、学校、オフィス、店舗等環境に合わせてお選び頂けます。いやな菌、ウイルス、悪臭一挙にクリーンに!

fogx

ハイパーエコアクア超音波噴霧器SanitizerFOGX

適応面積24畳・大容量6L・コンパクト・空焚き防止付・微調節機能・超静音

7月入荷予定 WEBにてハイパーエコアクアセットで販売中!

ご購入はこちら

 

ハイパーエコアクア&超音波噴霧器除菌対策セット

ウイルスも!菌にも!消臭効果も!
ハイパーエコアクア用超音波噴霧器&ハイパーエコアクア20Lセットでご提供

ご購入はこちら

 

 

次亜塩素酸水について

2020年7月13日ハイパーエコアクアのコロナウイルスの有効性試験が行われました。今回経済産業省依頼されたNITEのメンバーでもある特定非営利法人バイオメディカルサイエンス研究会常任理事水越幹雄先生が試験主任者として検査を行い、ハイパーエコアクアのコロナウイルスに対する有効性が99.9%の効果があると実証されました報告書はこちら

安全性につきましては噴霧安全性簡易検証結果においても労働基準衛生法及び日本産業衛生学会リスク評価書が定めている塩素ガスの基準(次亜塩素酸濃度が0.5ppm未満)を大幅に下回る0.1ppm未満(0.1ppm以下検証不可)の検証や日本食品分析センターでの濃度100mg/L の次亜塩素酸水をラットやマウス等による動物実験で異常がないとの安全性評価結果、三重大学の福崎先生の検証試験結果で50ppmの次亜塩素酸水に関しては70㎝の台に載せて噴霧した場合の160㎝(人のいる高さ)塩素ガス濃度は水道水と近い0.007ppmとの検査結果等、このほか、岡山大学、群馬県衛生環境研究所、沖縄県環境科学センター、農業資材審議会農薬分科会等、様々な検査で安全性は検証されています。

 

噴霧による効果に関しては2010年2月に環境検査センターにて落下菌の検査を行いました所、ハイパーエコアクア噴霧前の空間汚染は空気1ℓ中の空間汚染の個数1121に対し噴霧後の空間汚染が個数159であったことの結果が出ています。必要な検査・検証・実証されてきたものです。

今回、新型コロナウイルス感染拡大により今まで扱ったことがない企業等が参入し、危険な成分での製造や表示等があったり、次亜塩素酸ナトリウムを噴霧したりする等様々な問題となった為、このような状況となりましたが、国がボーダーラインを引く為のファクトシートを出しました。エコアではこの内容に沿って販売をしています。「感染対策」で考えた場合、新型コロナについては、リスク低減の一つの手段としての効果が得られる商品であり、3密を避け、手洗い、うがいに加えた上での更なる予防としての使用。又、【地下・避難所・暑さ対策等で】3密を避ける事ができない場合のエアロゾル対策や床、机、壁面に付着した菌を不活性化する手段として一定の効果が得られる有効的な予防対策としてお考え下さいますようお願い致します。

エコア情報センター

 

Q&A
Q1

新型コロナウイルスに対して効果がありますか?

 
A

2020年7月13日ハイパーエコアクアのコロナウイルス及び枯草菌のウイルス効果評価試験において99.9%の効果があると実証されました。
●報告書はこちら

 
Q2

事務所、ホテルロビーなど人のいる空間噴霧の安全性は?

 
A

エコアでの20年の販売実績の中で健康被害の報告は一度もありません。労働基準衛生法及び日本産業衛生学会リスク評価書定めている塩素ガスの基準を参考とするならば、空間噴霧をしたときの作業空間中の塩素ガス 濃度が0.5ppm(v/v) 未満です。エコアのハイパーエコアクア噴霧における簡易的な噴霧後の検査では塩素ガス濃度が0.1ppm 未満(0.1以下測定不可な状況での検査です)であると測定されている為、規準より大幅に低い数値となります。三重大学での検査では次亜塩素50ppmでの次亜塩素酸水の検査で70㎝の高さの台に噴霧器を設置し160㎝の高さの場所で濃度を計測した所、水道水を噴霧した場合の塩素ガス濃度に近い0.007ppmと測定されました。更にラットの吸引毒性試験では100ppm の次亜塩素酸水を90 日吸引させて体重・血液・呼吸器組織に異常がなかった結果も出ていることから安全性は問題ないと判断できます。※次亜塩素濃度と塩素ガス濃度は違うものです。経済産業省より、安全性においての検証がないため人が吸い込まないようにとの提示がありますが、人がいる位置より1~2メートル離れた場所での噴霧により、安全にご利用頂けます。

●三重大学での検査はこちら

●ラット試験データはこちら 

 
Q3

何ppmであれば効果がありますか?

 
A

経済産業省での次亜塩素酸水においてコロナウイルスの不活化が確認されているのは35ppm 程度以上です。ハイパーエコアクアは100ppmでの使用を推奨しています。

 
Q4

色々な情報が錯綜していて不安です

 
A
現在新型コロナウイルスの感染拡大において、次亜塩素酸水の知識のない企業が販売を始めたり、濃度やpH、安全性等を顧みず販売している業者も多くあります。エコアでは古くから食品工場の衛生管理を行う中、ハイパーエコアクアの製造・施工使用をしておりました。多くの食品企業様が安心安全に商品を製造する為のツールとして使用しているものです。正しい使用方法でご利用頂ければ全く問題ありません。  
Q5

3か月以内の使用期限があるが効果は薄れないのか?

 
A

エコア自社検査で検証した結果、遮光状態にすると3ヶ月はほぼ変化がありません。紫外線により効果が薄くなっていくものですので、紫外線が当たらない涼しい場所で保管をお願いします。

●自社検査データはこちら

 
Q6

ハイパーエコアクアと他社製品との違いは?

 
A
pHと濃度 は製造により全く違うため全ての次亜塩素酸水はpH, 濃度が違います。又次亜塩素酸水の製造方法は電気分解式と混和式がありますがハイパーエコアクアは混和式となります。電気分解との違いとしては製造方法が変わりますが、最終的なpHと濃度の程度での違いとなります。  
Q7

次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムは違いますか?

 
A
違うものです。次亜塩素酸ナトリウムは絶対に噴霧しないでください。次亜塩素酸水は次亜塩素酸、次亜塩素酸イオン、塩化ナトリウム、水の成分となり、pH を調整することによって、殺菌成分である次亜塩素酸を大量に生成する事で安全な除菌・消臭を行っています。