Page Top

エコア株式会社 環境21世紀のために

マンスリーインフォメーション 2017年1月

感染症インフル、ノロウイルスの動向・・・

毎年、冬期になると増加するインフルエンザやノロウイルス。
通常、地球上に生存する生物は生存を続ける為種を残していく機能があり、子孫を残したり、自ら分裂したりしながら生存を続ける本能があります。人間も生物も微生物も生きて行く為の変化に耐える力を持っているのです。人間も又、その変化に耐える為進化して来ました。例えば、日本人の体形等はほんの100年~200年程度で身長、体重等の変化が見られます。昔の方を見てみると、体形がかなり小さい人が多いのですが、ここ数年の人を見ると、身長体重は勿論の事、足の長さ、顔等も変化しています。食べ物やグローバル化した社会により海外からの性質が入っている状態ではありますが、動物は危機や負荷をかける事により生存する為に力を発揮します。ウイルスも抗性物質などで一旦は退治することができますが、抗生物質の性質を感知してさらに進化する事で抗生物質の効かない抗体を持った新しいウイルスに変化し、より強いウイルスの誕生となります。

インフルエンザもノロウイルスも、この変化したウイルスが蔓延し、多くの感染者が増加しました。人類の脅威とも言われる感染症。医療との闘いとも言われています。これらのウイルスを食い止める為、予防としての殺菌、消毒、除菌等の見直しする事も重要です。

 

       

 

予防対策除菌剤ハイパーエコアクアはこちら

 

ご相談はこちら

 

お電話のお問い合わせ

0120-989-587
受付時間:平日(月~金曜日)午前9:00~午後6:00