Page Top

エコア株式会社 環境21世紀のために

マンスリーインフォメーション 2017年6月

GFSI世界食品安全会議 東京開催

HACCP義務化や中小食品事業者における、食品安全プログラムとして「グローバルマーケットプログラム」を開発の国際的推奨など、食品安全の重要性が国際的に注目されています。この度、すべての消費者に安全な食品をテーマに、日本で初めてのGFSI世界食品安全会議GFSI Focus Day Japanが行われます。日時は2017年9月4日ホテルオークラにて行われます。又会議後のグローバル・マーケット・プログラム概要説明会では弊社社長宮澤公栄がGFSI日本LGワーキンググループ、トレーニングサブグループリーダーとして説明会を行います。
GFSI グローバルマーケットプログラム(GMaP)は中小企業向け食品安全マネジメントシステム開発プログラムです。GFSI認証スキームの前段階としてのプログラムにより将来的に取得を目指せる食品安全マネジメントシステムです。


GMaP範囲
製造業向けプログラム: 加工食品の製造、販売、保管、および一次産品の準備 一次生産向けプログラム: 植物、穀物、豆類の農業生産 地域調達 – 地域製造/生産 – 地域販売 共通の受容された審査の実施、プロセス、レポートを通した、サプライチェーン全体のコスト効率の向上。


プログラムの目標:
●FSMSの継続的な改善
GMaPを利用して基準を設定し、進捗状況を監視し、効果を審査する
●安全性の促進
購入企業が、枠組みに沿って訓練を実施したサプライヤーからの材料調達を確約することによりより安全性の高い製品を生産できる
●サプライチェーンに沿った相互の受け入れ
購入側企業がサプライヤーの審査結果を受け入れやすくなるよう、共通の枠組みに基づいた訓練および能力構築のプロトコルを作成する
●これら企業に助言する枠組みの提供

プログラムを実施する企業に一貫したレベルでサポートを提供するための、共通のアプローチを定義します。

 

gfsi

 

GFSIについてはこちら
GFSIジャパンLGについてはこちら(Facebook)

 

 

ご相談はこちら

 

お電話のお問い合わせ

 

0120-989-587
受付時間:平日(月~金曜日)午前9:00~午後6:00