Page Top

広範囲で長く効く業務用虫除け器ペストガード

業務用で幅広い効果を発揮!!害虫防除システム


ペストガード

簡単設置で業務用レベルの害虫忌避、害虫防除が可能です。

 

暖かくなると発生するいやな害虫。

エコアは独自の研究開発により広範囲で長く効く業務用虫除け器ペストガードをお勧めします。今までの誘電灯の電気殺虫器等は一定の場所に虫を寄せ付けてしまい、特に電気式のものは飛び散り等により衛生的に問題がでてしまいます。多くのご要望により、虫を寄せ付けない飛翔性昆虫忌避器ペストガードを開発致しました。

ペストガードはIPM(総合的害虫防除)としてエコア長期研究結果により誕生した害虫防除システムです。食品工場、施設、ホテル、店舗、病院等で使用されている業務用の害虫防除システムなので効果抜群です。
蒸散のピレスロイド系の薬剤を攪拌する事により、害虫を広範囲に渡り、忌避、防除することが可能です。

コンパクトでスリムデザインだから、美観も損ないません。又、耐熱樹脂を使用していますので、内外問わずどんな空間でも設置可能です。

カートリッジの交換も簡単で、どなたでも手軽に作業できます。

 

 


使いやすい!

コンパクト!     になって新登場!

リーズナブル!

ペストガード

①コンビニ・店舗
自動ドアの開け閉めが多いコンビニや店舗等は外からの害虫が入り込む事が多く、特に夜等は店頭の明るさで害虫も引き寄せられる事が多々あります。
ペストガード設置で害虫バリア対策してください。
②飲食店・食品製造
高度衛生環境が求められる飲食店や食品製造環境では異物混入や害虫の混入は営業、運営に関わる一大事です。
害虫バリア対策を万全に行う事でよりクリーンな環境で食品事故を防ぎます。
③住宅
多くの害虫の侵入口は玄関やベランダです。
家の中に入れない事で害虫に悩まされる事はありません。
ハエ、蚊だけでなく飛翔性昆虫対象なので、虫全体に効果があります。
害虫バリア効果でしっかりガードします。

 

        仕様
        
電圧    :AC100V
           消費電力  :約11W
           電源コード :1.7m(機外長)プラグ付コード
           外形寸法  :200×300×72(㎜)
           重量    :約900g
           カバーグリル:ABS樹脂
           カラー   :ホワイト
           カートリッジ:1個付
           ※交換カートリッジ別売り

        カートリッジ
        
有効成分  :ピレスロイド系
           使用時間  :1日24時間使用で約1500時間
           適用害虫  :メイガ、コバエ、チョウバエ、ユスリカ、タバコシバンムシ、羽蟻等の飛翔性昆虫



※ 設置例は旧型のものになります。
設置例①食品工場
設置例②ガレージ
pg

 工場や店舗等、コンパクトで美観を損ねないデザインなので、どんな場所でもOKです。スペースや環境状況に合わせて、計画的に設置すれば、引き効果率がUPに繋がります。


住宅の出入り口付近や庭先でのヤブカに悩まされる夏季は広範囲で害虫防除。設置も簡単でペットや子お子さまのいるスペースでも使用可能です。

 

設置例③食品工場

設置例④ロビー

高度な衛生管理が必要とされる食品工場。ペストガード導入後、忌避率が上がったとのお声を頂いています。

 

ビルやマンションでも、害虫防除に導入されています。ロビーやエントランス等でご利用頂いております。

 

設置例⑤食品工場

設置例⑥ガーデンカフェ

pest
PGK

食品工場商品搬入口ガレージ付近の防虫対策にご利用頂いております。害虫をよせつけたくない場所では誘引器でなく忌避器の設置がベストです。

 

オープンエアのカフェでは害虫は悩みの種。お客様がゆっくりくつろげるスペースにはペストガードが必須アイテムです。

 

●シンプルスリムデザインで場所を選ばず設置できます。
●幅広い範囲で効果を発揮します。
●業務用で効果とコストメリットを両立。
●メイガ、コバエ、チョウバエ、ユスリカ、タバコシバンムシ、羽蟻等の生活害虫対象。


ペストガードご購入はこちら

 ご好評ありがとうございます。

使い方簡単
カバーをはずす 風濡れ防止用シールをはがす 雨風でぬれない所に設置 カートリッジをセット
1.カバーを外して 2.取付け穴のシールをはがしネジで壁に設置します 3.出来るだけ風のない雨で濡れない場所に設置 4.専用カートリッジをセット


薬剤カートリッジ実地試験データ


薬剤の効果について準実地試験結果(ノックダウン駆除率)


準実地試験効果



薬剤の残存率について


薬剤の残存率



使用2か月後の効力について


有効成分は使用場所の気温・湿気等の条件によって蒸散量は変動するため、効力を持続するよう残存量を調整しております。
しかし、使用開始直後と較べると揮散量は減少するため効力も若干ダウンします。
ノックダウン効果

 

日刊工業新聞で掲載頂きました。