Page Top

エコア株式会社 環境21世紀のために

シロアリ駆除

害虫獣駆除

      

私たちの生活において、さまざまな害虫、害獣は衛生環境上だけでなく、精神的にも不快感をもたらし、さまざまな菌などを人々に運んでくる原因となることもあります。害虫、害獣の対策をするにあたり、生態や、習性を把握し、対策を考える事をお勧めします。

シロアリについて


シロアリの棲息状況
日本に棲息するシロアリは、イエシロアリ、ヤマトシロアリ、サツマシロアリ、オオシロアリなどで、世界では2000種類、日本では10種類いるといわれています。
最も大きい被害を与えるイエシロアリとヤマトシロアリです。ヤマトシロアリは全国的に分布していますが、イエシロアリは等温線が1月の平均気温4度以南の海岸線に多く棲息しています。イエシロアリは6月~7月、ヤマトシロアリは4月~5月中旬に発生します。
建物の木造部を加害することがよく知られていますが、木構造の最も重要な木と木の接合部や、住宅の基礎となる土台の床下部から発生し、加害するため、致命的なダメージを受けることがあります。

イエシロアリは夜、ヤマトシロアリは昼間、無数の羽の生えたシロアリが巣から飛び出していくことを、群飛、或いは巣立ちと称しています。多数の羽アリは雌雄の個体群で、群飛中各々に配偶者を見つけ、地上に舞い降り、羽を折り取って、個々に新しい巣を形成します。一匹の雄と一匹の雌のカップルが将来の王と女王になり、数万匹のコロニーを形成します。イエシロアリは加害した木材の食べかすなどを自分の分泌物で固めた明確な巣を、壁の中、土中、立木の中や根元、天井裏、床下などに形成するが、必ず水分供給場所を持っています。コロニーは時として、100万匹以上の個体群から形成されることがあります。一方、ヤマトシロアリは、明確な巣を作らず加害木造部を巣として生活します。その個体群は数万匹、数十万匹から形成されています。
シロアリはきっちりとした社会生活を営んでおり、産卵のみに従事し、数年間の寿命の中で、数万~数百万の卵を産み続ける女王と王、場合によっては代わりをする副生殖中、外部より侵入者を防ぐ兵蟻、食料を供給し、巣を構築し、新たな王、女王を保育し、卵を世話する職蟻(働き蟻)などです。

シロアリの見分け方と棲息場所の測定
4月頃から羽のついた蟻が飛ぶのを見かけたりすることがありますが、羽蟻もしくはシロアリであると思われます。見分け方としては、触覚が直線状で、胴がくびれてなく寸胴で、すべての羽の大きさが同等のものであればシロアリです。
風呂場、洗面所、台所などの水を使う湿ったところから発見される事が多く、また、その下の土台部分の床下を侵食しています。

アメリカ乾材シロアリ
他のシロアリとは全く異なる棲息方法で、最近私たちの生活を脅かすシロアリです。家具や、柱や梁などの乾材のごくわずかな水分で棲息しています。もともと日本に生息しておらず、1976年東京都で確認されていますが、被害にあっている乾材を運搬することで、広域に分布しました。
体長は1センチ前後で、家具や木材周辺に大変細かい粒状の木粉のような俵型の糞が大量に排出されていることで発見される場合が多くあります。
このシロアリは名前のとおり、アメリカ出身の乾いた木材中の水分のみで棲息可能で、温度変化や環境湿度の影響を受けず、木材に発生していることもあり、研究者たちの関心を高めています。アメリカカンザイシロアリについて詳しくはこちら

エコアでは場所や、状況に合わせた効果的な駆除を行います。

 

シロアリ駆除は信頼と安心のエコアへ

エコアは国際規格ISO取得企業!自治体等での業務も幅広くおこなっています。もちろんペストコントロール協会優良企業として登録されています。害虫の専門家が調査・施工するので安心です。

シロアリ駆除


害虫駆除ご相談はこちら

f

お電話のお問い合わせ⇒042-524-3232
受付時間:平日(月~金曜日)午前9:00~午後6:00
そのほかの害虫獣でお困りの方
ゴキブリ  シロアリ   ハエ   ダニ  ケムシ  ハチ  

害虫獣対策