Page Top

エコア株式会社 環境21世紀のために

JFS-A/B規格

JFS-A/B規格

日本発食品安全管理規格 JFS規格

 

食のグローバル化が進展し、食品の安全性や管理の規格が農林水産物・食品の貿易や企業間取引上の条件になる事も多く、欧米を中心に、HACCPの義務化やHACCPに基づく民間認証の導入が進んでいます。日本の食品事業者では、中小事業者のHACCP導入率が約3割にとどまるとともに、規格等による標準化や認証への対応が 遅れているのが現状です。グローバル化の流れに対応し、農林水産物・食品の輸出の阻害要因にならないよう、日本発の民間の食品安全管理規格と認証の仕組みを作る体制を整え、普及・推進していく目的としてJFS規格が始まりました。

 

※GFSIとは…消費財フォーラムの内部組織であり、流通や食品企業などで構成される組織。GFSIが規定を採用したスキームとしてFSSC22000やSQF、IFSなどがある。

 

3段階なので、中小企業でも取得しやすいシステム

 

 

JFS-A/B適合証明jfs

A/B規格は、国内取引が中心の中堅・小規模食品事業者にとって取り組みやすく、自社の食品安全レベルを向上させるために非常に効果的なツールです。今後義務化されるHACCPシステムも導入されている為、取り組みやすい規格です。今後増加するJFS規格を導入し、より安全に確実な食品環境を構築頂けます。

JFS-A/B監査会社として、コーデックスHACCP、GMP等を包括した食品安全マネジメントを指導及び監査いたします。食品安全を熟知した監査員により効果的な監査を実現します。

 

監査手順

監査手順

   

jfs

jfs

   
jfs

jfs

 
jfs
jfs

 

 

ご相談はこちら


お電話のお問い合わせ

0120-989-587


受付時間:平日(月~金曜日)午前9:00~午後6:00